いやいや、ここ一〜二年でDAWのトレンド変わりましたね。

まずStudio One


どこ調べても3より音質劣化してると言われてるし、そもそもStudio Oneの開発者が離れてしまっているという。
自分がちょっと触った感じ音質が今時というかパキパキ方向に。
別に音質が悪くなったという訳ではないように感じます。
繊細さが売りだったのではという疑問は残ります。
相変わらず付属ソフトシンセもエフェクトもあまり進化してない様子。
サードのソフトシンセやエフェクト使えば良いんですが、
純正プラグインの質ってここ最近上がってきてるのでここは頑張って欲しい。
フリー版の機能制限が殆どない点においてはWindows勢が導入しやすいソフト。
やはりStudio Oneはアドバンテージ強いと思います。

次にCubase10
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Steinberg / Cubase Pro 10 通常版 DAWソフトウェア (CUBASE PRO/R)
価格:61560円(税込、送料無料) (2018/11/27時点)

楽天で購入


10でようやく6の呪縛から放たれたというか、7-9.5までの未完成感が完成形になってきた感じ。
色々とメニュー編成が変わったりLogicやStudio One系に合わせてきてますね。
しかも64bitモード搭載で明らかに音像がきめ細かい。
まだまだ標準音色やエフェクトが甘い部分もあるけどLogic以外のDAWより良い感じ。
再び盛り返すか期待大。
バグさえなければ...。

Logicはいうまでもなく最強。
もう何年無料更新し続けてることやら。
iPhoneやiPadでガレージバンドユーザーも多いし、移行も簡単。
標準プラグインもプロの入り口まではいけるというか、自分の場合一回りまわって
最近標準プラグインが主役になりつつありますw
無敵DAWですね。


Macそのものも高性能化を果たし無敵中の無敵。迷ったらこれです。

Protools。


HDXじゃないと最近のDAWの音質に追いつけません。
しかも100万超え。
無印Protoolsは音悪いです。
しかも標準プラグインもしょぼいし、月額制とかごったごた。
DSP系は色々出てきてるしもはやProtoolsである必要性はどんどん落ちてきてます。
機能的にも今更つきました的な遅れ遅れの対応。
NIとか一部のメーカーと相性が悪かったり。
売り方も無印とHDXで音質差つけてきたり機能の有無やトラック制限などてんこ盛りで
普通にお勧めできないですね。RECだけ◎。MIXは他のDAWのが良いかもです。

Digital Performer


苦行かな?
古風といえば古風ですが。
今時イベントリストですか?
みたいな。

他は用途が限られてるもののFL StudioとかLIVEくらいですかね。


FLはパッと曲が作れる反面MIX詰めるのが甘いんですよね...。
だったらベンジェンスのネタ単発買いして他のDAWで作れば的な...。




LIVEは即興演奏ならこれ。
ただし、その他は他のDAWよりかなり弱いので他のDAWと併用になってしまいます。

これら以外のDAWは色々新しいの出てますがどうにも洗練されてない感があり使う気が起きないというか。
一時期よりDAW選択肢が減った印象です。

みなさん新しいDAWでこれはすごいというのはありましたら教えてください!